スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HR2:ラオ極

ホントは時系列通りにやろうかなーと思ったんだけど
個人的に思い入れの強いデッキを紹介しようかと。


かのラオ極です。

イャンクック砲
アイアンストライク
老山龍砲・極 4枚
ババコンガ※4枚
ドドブランゴ亜種※ 4枚

ショウグンギザミ4枚
フルフル亜種 4枚
リオレイア2枚
リオレウス亜種 4枚
オオナズチ2枚

角笛2枚
キノコ採取4枚
双眼鏡 2枚
いざ出発! 2枚



サブ

王の領域2枚
しじまの向こう2枚
回復ニャ 2枚
背水の陣ニャ
トレーニングニャ
起きるニャ
シビレ罠ニャ



さて、このデッキの作られた経緯をご紹介しましょう。
一部の人には話しましたが、
このデッキはスプリングツアー用に作成されたデッキです。

この頃は第2弾、第3弾の変わり目で
私は新作発売と共に「デッキ作れない病」に悩まされる時期です。
いやーマジでデッキ組めなくなるんですよ。

ちなみに第4弾も5弾も当然の如くで作れなくなるわけですよ。

まぁ、それはおいといて
で、当日使うデッキについて大変悩んでました。
その際に2chを覗いたりカードプールを眺めていたら

ラオ極デッキが注目されていました。
元々、ラオ極とドドブラ※の強さは注目していたのですが

上手くデッキにならなかったため断念していました。
それに弱点も明確でしたからね。
ですから前日までレイアデッキで参加しようと本気で考えていました。

ですが、2chのとある書き込みでラオ極で、ヒプ対策の回答に双眼鏡という
ソリューションがあるという事がわかりました。
コレにより頭の中に大まかなパーツ構成が浮かんできた。

こうなるとデッキを作るのは簡単。
何日も悩んでいたのにラオ極を作るのには実に30分もかかりませんでした。

その後1時間のスパーの結果。
デッキのスピードが速すぎるため、キノコ採取という補助パーツが必須で
角笛とのコンボによりかなり安定しデッキとして成り立つレベルではなく
十分に勝てるという結論に。

何しろ、その頃はまだ2弾のレイア主流の環境だったので
相手が後攻を選ぶ可能性がとても高かったのです。

先行で3ターンで勝てるデッキは存在しませんでしたから

先行を取る、相手は4ターン方が主流で対処できない。
アクティブ対策カードは基本的に環境に不在更に、それにも対処できる!!!!

勝てる!!!間違いなく勝てる!!!!

100%勝てるという自身を持って葛西に向かいました。
結果はしっての通りです。

このデッキは今見ても綺麗な構成です。
ただ、勝つために必要なカードを、ただ、勝つために詰め込んでいる。
その一つ一つが自然とシナジーをして、デッキを回していく。

すばらしいデッキレシピです。
マジック世界チャンピオンのデッキを見ているような感覚になります。
私はこういうデッキに曇りが無いレシピが大好きです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ただ、このデッキにより3弾環境が実に大味でつまらないものになったのは言うまでもありません。
それは私のせいではなく、単純に3弾環境のせいなのですが
ですから3弾環境は私にとっても皆さんにとってもとてもつまらなかったのではないかと思います。

少なくとも私はそう思います。



また、もう一つ。このデッキというか、ラオ極のおかげで弊害が起こりました。
アクティブ対策による、アクティブハンターの環境存在意義の激減です。
ラオ極というデッキが強いとは思いましたが、私にとっても最も問題だったのは
今後のゲームバランスを考える上で、アクティブという能力が存在しても、しなくても関係ない
ゴミの様に扱われるのを一番危惧しました。

そして、現在はババコンガ(5)の存在もあり、アクティブ能力はほぼ死滅してしまいました。

これは・・・まぁ、仕方の無いことなのかも知れませんが実はとても悲しいことです。
多分、誰も誰一人さえ、私がコレを危惧してデッキレシピを公開したとは思ってないでしょうが・・・
せめてラオ極に回数制限があれば変わったかも知れませんね。今更ですが

今後このゲームが、どうなっていくのか、またアクティブに変わる能力が出るのか
という点に注目していくと面白いと思いますよ。
スポンサーサイト
プロフィール

Y.......

Author:Y.......
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。